本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

電子機器の放熱技術講習会一覧SEMINARS2

電子機器の手戻りの少ない設計を目指して

講習会の特徴

電気関連、電子機器関連の企業だけでなく、時代の流れとともに、自動車業界に見られるように、あらゆる分野において電子機器の需要が増えています。
はじめての人でも苦手意識なく知識および技術を習得できるよう、直感的に理解できるように工夫された入門レベルの内容になっており、初心者や学び直しの人にお薦めです。

伝熱工学基礎講座
伝熱工学の基礎知識を習得していただくことを目的とした入門レベルの講座です。受講により、伝熱の各現象や数式をより詳しく勉強する上での助けとなります。
伝導、対流、放射のメカニズムから始め、その後、伝熱を考える時に便利な熱抵抗の定義と各伝熱方法による熱抵抗の計算方法をご説明します。また、低熱抵抗化する時に熱抵抗の計算式を見ただけでは間違えることがあるため、間違えないように低熱抵抗化の考え方もご説明します。最後に、各伝熱方法による熱抵抗を求めることにより、直方体のブロックの温度を簡単に予測することができるため、その計算方法についてご説明します。
以上を、数式をあまり使わずに、主に図、グラフ、アニメーションを使用することにより、直感的に理解していただきます。 →詳細ページへ
電子機器の放熱技術入門【筐体編】
電子機器の筐体とプリント配線板の放熱に関するセミナーです。対象製品は自然対流、強制対流を問わず、空冷を前提にした製品です。
→詳細ページへ
電子機器の放熱技術入門【半導体部品編】
本セミナーは主に半導体部品の放熱に関するセミナーです。電子機器の主な発熱源であり、もっとも熱の影響を受ける部品が半導体部品です。その主要部品である半導体部品の放熱構造を理解することにより放熱方法の選択肢を広げることができます。また、熱解析を行う際に半導体部品の内部構造を理解して解析モデルを作成することにより解析精度の向上が期待できます。
→詳細ページへ
電子機器の放熱技術基礎知識セット
(伝熱工学基礎講座・電子機器の放熱技術入門【筐体編】・電子機器の放熱技術入門【半導体部品編】の3講座)
表記3講座をセットでお得に受講するプランです。放熱技術の基礎を深く実感できるようになります。→詳細ページへ

電子機器の放熱技術担当講師のご紹介

横堀 勉 講師

電子機器の放熱技術の専門家。沖電気工業株式会社在職時代は、高発熱LSI用半導体パッケージ、高速プリント配線板の開発および熱解析、電子機器用熱解析ツール「STAR-COOL」の開発、電子機器の熱設計コンサルタント・教育および熱解析に従事。著書に、「電子機器設計者のための放熱技術入門」(2011年、日刊工業新聞社)がある。
入門者や初心者にも理解しやすいように、難しい数式を最小限にして図やグラフで直観的に理解できる講義を得意としており、退職後は、(一般)地域産学官連携ものづくり研究機構や技術教育会社が開催する講習の講師等を行っている。