本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

体験談 及び 受講者の声experiences

過去にCAE教育研究所の講習会を受講した皆様の体験談やお声の一部を掲載しております。

CAE技術理解のための基礎知識(工業数学・材料力学・有限要素法FEM)編

 CAE技術理解のための有限要素法(FEM)基礎講座 3日間コースを受講

講師が解析経験豊富で、これまで解析を行う中で抱えていた疑問が解決しました

CAE業務に就いているのですが、理論は解らず行っていたため、一度、しっかり学びたいと思い受講しました。
講師が解析経験が豊富で、有限要素法の知識が実際の解析業務にどのように関わっているかを教えてくれ、これまで解析を行う中で抱えていた疑問も解決することができ、本当に充実した講習でした。これからの解析業務にかなり生かせると思います。計算力学技術者資格の受験も進めていただき、挑戦してみようかと思っています。有り難うございました。(O様)
[担当講師から]
これまで抱えていた疑問が解消されて本当に良かったです。解の検証ができる力を持っているのといないのとでは、解析者としての能力が全く違います。学んだ知識をCAE業務に生かすことで、解析の精度も上がると思います。ますますのご活躍をお祈り致します。

 CAE技術理解のための有限要素法(FEM)基礎講座 2日間コースを受講

ここまで本格的に教えてくれるところは他に無いため、受講して本当に良かったです

大学時代、有限要素法を学んだことはあるのですが、計算力学技術者2級を受験するため知識をひと通り確認しておきたいと思い受講しました。
受講してみて、結構、忘れていたり、曖昧な理解であったところがあり、講師にいろいろと質問してしまったのですが、しっかり解説していただき、お陰ですっきり理解できました。講師が本当に解っているからできるのだろうと思います。ここまで本格的に教えてくれるところは他に無いため、受講して良かったです。

 CAE技術理解のための材料力学基礎講座 4日間コースを受講

知識が自分のものになっていく手ごたえを感じながら学習できました

会社でCAEを担当することになり、情報工学出身で材料力学を学んだことがなかったため、材料力学の4日間コースを受講しました。知識をただ詰め込むだけでなく、演習を重ねて知識が自分のものになっていく手ごたえを感じながら学習でき、4日間を選んで正解でした。すごく親身に教えてくれ本当に感謝しています。有限要素法も受講したいので、また、お願いします。(Y様)

 CAE技術理解のための材料力学基礎講座 4日間コースを受講

解るように観点を変えながら根気よく説明してくれ、1人1人の家庭教師のようでした

会社で設計を担当しているのですが、材料力学を学んだことが無かったため受講しました。最初は材料力学の思考に慣れるのに精一杯でしたが、講師が温厚で安心して質問でき、解るように観点を変えながら根気よく説明してくれ、1人1人の家庭教師のようでした。受講前は、本当に4日間で大丈夫か心配していましたが、おかげさまで基礎を身に着けられたのではないかと思います。有り難うございました。(M様)

 CAE技術理解のための工業数学基礎知識 3日間コースを受講

CAEを基礎知識からしっかり学び上げて説得力ある提案に繋げたい

以前から、CAEの導入の必要性を会社へ提案しているのですが、なかなか受け入れてもらえず、まず、自分がCAEをもっと深く理解出来る様になって説得力を強めようと思い受講しました。設計の仕事をしていますが、工学部出身ではないため、工業数学から学ぶことにしました。
初めて工業数学を学ぶため講習について行けるかどうか不安でしたが、講師が解るまでじっくり教えてくれ、ホテルに戻ってからもひと通り復習するようにしました。毎日、新しいことを学ぶのですが、考える力もついてきたようで、だんだん早く理解できるようになり、終わる頃には、すごく拓けたような感じでした。
次は、材料力学を受講しようと思っています。その際は、また宜しくお願い致します。〈I様)
[担当講師から]
初めて工業数学を学んだということでしたが、参加条件である高校数学を事前にしっかり復習しておいてくださったため、非常にスムースに学習していただくことができました。受講後、ホテルに戻ってからも、しっかり復習してくださった様子が、質問内容から伺えました。この講座は、大学等で半期をかけて学習することが多い工業数学を3日間で集中して学習しますが、とても素直な努力家の方であったため、しっかりマスターしてお帰りになられました。また、お会いできます日を楽しみにしております。

 CAE技術理解のための工業数学基礎知識 3日間コースを受講

こんなに一生懸命に頭を使ったのは学生以来。気持ちも若返って楽しかったです

計算力学技術者資格を取得したいと思い、3年間の学習計画を立て、工学部だったので工業数学も材料力学もひと通り学んでいますが、卒業してかなり久しいため、工業数学から学び直すことにしました。
余裕を見て3日間コースにし、普段、設計業務を行っているので何とかなるだろうと思い、何の準備もせずに参加したのですが、始めてみると計算方法さえ忘れていることにショックでボー然としました。焦りでろくに思考できず、何が解らないのかさえも解らず質問も出来ない状態で、講師も様子を察して励ましながらゆっくり教えてくれたのですが、立ち直れないまま初日は終わってしまいました。
このままではまずいと思い、ホテルに戻ってひと通りやり直している内に、だんだん頭の神経が繋がってくるような感じを覚え、冷静に問題が解けるようになってきました。「工業数学学習経験者であっても、学習から時間が長く経過している人は数学的思考が鈍っていることがあります。受講前に軽く計算問題を解く等して準備しておくことをお薦めします」という事前のお知らせがあったことを思い出し、甘く見ていたことを反省しました。
数学的な感覚を取り戻したことで、翌日からは気持ちが入って落ち着いて受講することができ、学んでいる内に爽快で軽くなってきました。こんなに一生懸命に頭を使ったのは学生の時以来で、気持ちも若返って楽しかったです。来年は材料力学をお願いします。(N様)
[担当講師から]
Nさんの実力であれば冷静に考えればできると思われるものまで、最初は解らなくなっていた様子でしたので、かなりショックが大きかったのだと思います。
卒業後の数学との関わり方は、人によって様々です。今はCADが発達しているため、設計従事者であっても、日常的に工業数学の知識を駆使している人は少ないと思います。そのため、過去の学習経験だけでは現状の実力が測れないため、受講前に思考のウォーミングアップをしていただくようお願いしています。
事前に真意が旨く伝わっておらず申し訳ありませんでした。受講中、真摯に努力してくださり本当に有り難うございました。Nさんのケースを機会に、これまで以上に事前のご案内をさせていただくようになりました。こちらとしても、たいへん勉強になった機会でした。

バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階
東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。株式会社ベリテ(Verite Inc.)