本文へスキップ

CAE教育研究所はCAE技術を習得する人が社会に貢献する優秀な解析者に成長していくCAE教育を研究しています。 日本機械学会公認CAE技能講習会も開催しています。

太田校・東京校とも、お問い合わせは

TEL. 0276-55-4455

CAE教育研究所は、CAEの普及活動とCAE教育により、研究開発に貢献するCAE技術者の養成を行っています。真心を込めたテクノロジーを基本理念としています。

CAE教育研究所のCAE講習会は、実践的なCAE技術だけでなく、CAEの基礎原理である FEM(有限要素法)、CAE技術を理解するために必要な材料力学、さらに、それらを理解するために必要な工業数学など、「はじめてCAE解析を学ぶ人」から「解析従事者」まで、それぞれの段階からスキルアップできるように支援する、様々なCAE教育プログラムがあります。

CAE教育研究所の講習会は、その場限りの学習にならないよう、受講後も繰り返し学ぶことができる独自のCAE教材とシステムを持っています。「わかった!」と納得するまで繰り返し学習できるため、知識と技術の定着に役立ちます。

一般社団法人日本機械学会(JSME)の公認CAE技能講習会「固体力学分野」「振動分野」「熱流体力学分野」も開催し、計算力学技術者(CAE技術者)資格を取得するお手伝いもしています。

おすすめ講習

  • CAEのベースとなっているを理論を理解することで解の精度を高めることができます。計算力学技術者 初級資格取得希望者だけでなく、来年度に2級受験を予定している人にもお薦め。
    1/10
    1/11
    Thu
    Fri
    CAE技術理解のための有限要素法(FEM)基礎講座 2日間コース【東京校】1日目:10日 12時30分〜17時50分、2日目:11日 10時30分〜16時30分 →講習内容・受講料の確認 →お申し込み方法(募集中)
    上記以外の日程をご希望の人は、講習カレンダーのページのお申し込み可能日をご覧ください。
    ほかにも、多くの種類の講習がございます。このページ下の一覧や講習会一覧のページにて、講習名の一覧をご覧いただくことが出来ます。
  • 【この時期のお薦め!】工学知識の基礎を習得して解析者・技術者としての質を高めよう。計算力学技術者2級受験者にもお薦めです。
    お申し込み可能日の確認は講習会カレンダーページをご覧ください。その他の種類の講習会についてはCAE講習会一覧のページをご覧ください。お申し込みはお申し込み方法のページをご覧ください。
    CAE技術の基礎となる知識を学習して解の精度を高める
    CAE技術理解のための有限要素法(FEM)基礎講座→講習内容
    CAE技術の原理となる知識。解の検証が行えるようになるため、解析精度が上がります。
    CAE技術理解のための材料力学基礎講座→講習内容
    材料力学の基礎をしっかり学習するため、解析についての理解が深まります。
    ※ CAE技術者以外の技術者・研究者にも人気です。
    CAE技術者に必要な有限要素法や材料力学の知識を支える学力を身に着ける
    CAE技術理解のための工業数学基礎講座→講習内容
    材料力学や有限要素法を理解するために必要な工業数学について、基本的な学力を身に着けます。
    ※ CAE技術者以外の技術者・研究者にも人気です。
    CAE技術の基礎となる知識を演習を重ねながら鍛え、計算力学技術者資格 固体力学分野2級合格を目指す
    計算力学技術者資格 固体力学分野2級受験対策講座→講習内容
    年1度、例年12月上旬(本年度は12月15日)に開催される「計算力学技術者資格認定試験」の内、固体力学分野2級資格試験の合格に向け、必要知識の点検と、過去に出題された問題を中心とした演習を重ねて知識的な総仕上げを行う、毎年、受験者にたいへん人気の講座です。
    ※有限要素法(FEM)・材料力学の学習経験者または知識を持つ人を対象としているため、学習経験の無い人は、事前に各基礎を学習後、受講ください。
  • CAE初心者向け・計算力学技術者資格取得対象(一般)日本機械学会 公認CAE技能講習会
    受講後、日本機械学会へ申請することで、「計算力学技術者 初級資格」を取得できます。「計算力学技術者2級資格」を受験する人は、付帯講習の免除やソフトウェア使用経験が認められます。通信受講も可能です。例年、受験申請近くの時期は混み合うため、早めの受講がお薦めです。
    受験の有無に限らず、CAE初学者にたいへんお薦めの講習です。初めてCAEの実践技術を学ぶ人は「静解析」から始めてください。静解析はCAEの基本となる技術です。
    (一般)日本機械学会公認CAE技能講習会 対応する計算力学技術者資格分野
    はじめてのCAE 静解析実践講習会 →講習内容
    ※通信受講可能。
    【固体力学分野】
    構造解析の基礎となる静解析の実践技術を習得する講習。
    2級受験の際、付帯講習(技能編)の免除。受講は右記いずれか1つでOK。
    Salome-Mecaで行う静解析実践講習会 →講習内容
    ※通信受講可能。
    『Salome-Meca』静解析と固有値解析実践講習会 →講習内容
    ※通信受講可能。
    はじめてのCAE 振動解析実践講習会 →講習内容
    ※通信受講可能。
    【振動分野】
    振動解析の基本的な実践技術を習得する講習。
    2級受験の際、ソフトウェア使用経験が認められる。
    Code_Saturneで行う定常流体解析実践講習会 →講習内容
    ※通信受講可能。
    【熱流体力学分野】
    熱流体解析の基本的な実践技術を習得する講習。
    2級受験の際、ソフトウェア使用経験が認められる。
    CAE基礎ひと通りマスター講習会 →講習内容
    ※通信受講可能。
    【固体力学分野・振動分野】を含む
    構造解析のひと通りの基本技術をセットでお得に学ぶ講習。
    公認CAE技能講習会が2種類含まれている。
    公認CAE技能講習会セット →講習内容
    ※通信受講可能。
    【固体力学分野・振動分野・熱流体力学分野】
    計算力学技術者資格のすべての分野の公認CAE技能講習会をセットでお得に受講できる。
  • SALOME-MECAのダウンロード
    開発元のダウンロードページhttps://www.code-aster.org/V2/spip.php?article303(別画面で開きます)から入手できます。インストール方法を記した書、「オープンソースCAEソフトウェア『Salome-Meca』Ver.2015.1 [0]インストール」もございます。
  • CAE実践講座「メッシュ形状の問題点について」のレポート(PDF形式)をアップしています。同レポートは1993年に当研究所所長の榎戸正一が個人的に記したものを2004年に株式会社ベリテの旧ホームページに掲載していたものですが、もう一度掲載してほしいというご要望をいただきCAE教育研究所において掲載いたしました。

CAE講習リスト

CAEを理解するための基礎知識及び理論


CAE(構造解析)の基本技術を習得するための講座


CAE(流体解析・CFD)の基本技術を習得するための講座


オープンソースCAEソフトウェアを用いてCAE(CFD)の基本技術を習得する講習会


(一般)日本機械学会の計算力学(CAE)技術者資格取得に対応した講習会 ※公認CAE技能講習会


その他ご希望に応じて開催する講習


通信学習でCAE(構造解析)の基本技術を習得する講座


工学の基礎知識を学ぶ


CAE学習書籍


CAE資格情報

計算力学技術者資格情報
→ 計算力学技術者資格取得情報トップページ
→ 計算力学技術者とは?/計算力学技術者の役割
→ 計算力学技術者(CAE技術者)資格認定の趣旨
固体力学分野の有限要素法解析技術者
→ 初級  → 2級  → 1級  → 固体上級アナリスト
振動分野の有限要素法解析技術者
→ 初級  → 2級  → 1級  → 振動上級アナリスト
熱流体力学分野の解析技術者
→ 初級  → 2級  → 1級  → 熱流体上級アナリスト
→ 公認CAE技能講習会とは

FAQ


バナースペース

CAE教育研究所

太田校(本部)
群馬県太田市本町29-1  ものづくりイノベーションセンター2階3&4

東京校
東京都港区芝公園1-2-10
ロジマン芝公園806・807

CAE教育研究所は、ものづくりの未来を拓くCAE技術者を養成する新時代のCAE教育を研究するために、CAEプロフェッショナル会社の株式会社ベリテが作った組織です。株式会社ベリテ(Verite Inc.)

スマートフォン専用 サイトはこちらから

スマートフォン版